Bug Splat とゲームクラッシュ

Picture of Horse
この記事は役に立ちましたか?
1172人中142人がこの記事が役に立ったと言っています

カ=ジックスが進化し続けるように、リーグ・オブ・レジェンドは常に新しいチャンピオンを追加し、グラフィックやエフェクトを向上させています。アップデートの多くは、その時点で最新のグラフィックカードやオペレーティングシステム(OS)を使用します。そのため、旧バージョンのソフトウェアを使用している場合には、次のような問題が発生する可能性があります。


  • ゲームが強制終了してしまう
  • ゲームが強制終了した後、Bug splat エラーが表示される
  • ゲームを起動しても画面が真っ暗なままで、正常に起動しない
  • 強制終了はしないが、ゲームがフリーズする

 

 




  • パソコンが必要動作環境を満たしているか確かめる

    こちらで確認できます。


    ビデオドライバの更新が大切な理由とは

    ビデオカードドライバ(グラフィックカードの動作に必要なソフトウェア)には、重大なバグの修正や最適化のための情報が含まれています。ほとんどのグラフィックカードにはドライバが同梱されていますが、多くの場合、実際に使用を開始する頃にはアップデートが必要な状態になっています。新しいビデオカードのインストール時や、新しいコンピューターを使い始める際には、最新ドライバをインストールすることが重要です。

    アップデートの方法はご使用のビデオカードによって異なりますが、大手 3 メーカー(NVIDIA、AMD、Intel)のビデオカードを使用されている方が多いことから、ここでは上記 3 社の基本的なアップデート方法をご案内します。


    グラフィックカードの確認方法

    • Windows キー + R を押します([ファイル名を指定して実行] ウィンドウが開きます)。
    • dxdiag と入力し、Enter キーを押します。
    • [ディスプレイ] タブを選択します。
    • ウィンドウの左上にグラフィックカードの名前とメーカーが表示されますので、メモしておいてください。

    グラフィックカードの大手メーカーは、コンピューターをスキャンしてドライバを自動で更新するサービスを提供しています。このサービスには以下のリンクからアクセスできます。

    AMD
    NVIDIA
    Intel


    DirectX を更新する

    DirectX は、Microsoft が開発したアプリケーションプログラミングインターフェース(API)の一式です。この API は、コンピューター上で様々なアプリケーションやハードウェアが容易にやりとりできるようにするものです。DirectX は多くのアプリケーションに使用されていますが、中でもハードウェアに大きく依存するゲームには欠かせないものです。


    DirectX の更新が必要な理由

    古いバージョンの DirectX をご使用の場合、リーグ・オブ・レジェンドとハードウェア(グラフィックカード、マウス、キーボード、スピーカーなど)の間に問題が発生します。ドライバの不具合や、キーボードやマウスが認識されない、音が鳴らないなど、様々な問題が生じる可能性があります。


    DirectX の最新版をインストール

    http://support.microsoft.com/kb/179113

    お使いの Windows によって最新版が異なりますのでご注意ください。詳細については上記リンク先の Microsoft の記事をご覧ください

    注意:Microsoft は、2014年4月8日 をもって Windows XP のサポートを終了しています。上記のリンクから適切なバージョンの DirectX を取得できない場合、オペレーティングシステム(OS)をアップグレードしていただく必要があります。詳しい情報については以下のリンク先をご参照ください。

    http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/end-support-help


    Windows が最新の状態であることを確かめる

    多くの場合、Windows をアップデートすることでオペレーティングシステム(OS)および DirectX の不具合を修正することができます。また、アプリケーションの強制終了を防げる場合があります。Windows のアップデートに関しては、Microsoft の記事もご参照ください。

    http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-vista/install-windows-updates

    注意:Microsoft は、2014年4月8日 をもって Windows XP のサポートを終了しています。上記のリンクから適切なバージョンの DirectX を取得できない場合、オペレーティングシステム(OS)をアップグレードしていただく必要があります。詳しい情報は以下のリンク先をご参照ください。

    http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/end-support-help


    .Net Framework 3.5 を手動でインストールする

    .NET Framework とは、Microsoft が開発したソフトウェア ライブラリで、主に Microsoft Windows で動作します。リーグ・オブ・レジェンドをプレイするには.Net Framework 3.5 のインストールが必要です。快適にプレイするためには、たとえ既に 4.0 がインストールされていたとしても、3.5 バージョンが必要な場合があります。.Net Framework 3.5 は以下のリンクからダウンロードおよびインストールできます。

    http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=22


    壊れたゲームファイルを修復する

    ゲームファイルが壊れていると、ゲームが強制終了することがあります。壊れたファイルは、ゲームランチャー(リーグ・オブ・レジェンドの起動時に表示される画面)の修復機能を使用して修復できます。

    修復機能の使用方法:

    • リーグ・オブ・レジェンドを起動します。
    • ランチャー画面の右上にある [?] アイコンをクリックします。
    • 修復 をクリックします
    • 修復が完了するまで少しお待ちください。修復にかかる時間は、修復が必要なファイルの数によって異なります。5 分で完了する場合もあれば、30 分以上かかる場合もあります。


    クリーンブートの実行方法

    アプリケーションの中でも、特にオーバーレイを使用するソフトウェア(Skype、Teamspeak、Steam など)は、リーグ・オブ・レジェンドが強制終了する原因となることがあります。これらのアプリケーションを閉じる、または無効化した上でカスタム戦をプレイしてみることで、こうしたアプリケーションがリーグ・オブ・レジェンドの強制終了を引き起こしてるか調べることができます。

    それ以外の方法で、リーグ・オブ・レジェンドに抵触しているアプリケーションがあるか確かめたい場合は、Windows のクリーンブートをお試しください。以下に手順をご案内します。

    最低限必要なプログラム以外を無効化する

    • Windows キー + R を押します。
    • メニューの下にある文字入力バーに msconfig と入力します。
    • サービス タブをクリックします。
    • 誤って重要な Microsoft のサービスを無効化しないようにするため、Microsoft のサービスをすべて隠す にチェックを入れます。
    • すべて無効 をクリックします。
    • スタートアップ タブをクリックします。
    • すべて無効にする をクリックします。
    • 適用 をクリックします。
    • OK をクリックします。
    • コンピューターを再起動します。
    注意: Windows 8 および 8.1 でクリーンブートを実行する場合は、以下の Microsoft の記事をご参照ください。

    http://support.microsoft.com/kb/929135


    グラフィックカードがリーグ・オブ・レジェンドの動作を妨害していないか調べる

    通常、NVIDIA は NVIDIA コントロールパネル、AMD は Catalyst Control Center を使ってグラフィックの設定を変更できます。ところが、これらのプログラムで行う設定は他のアプリケーションの設定より優先されるため、リーグ・オブ・レジェンドの動作を妨害してしまうことがあります。グラフィックカードを初期設定に戻せば、各アプリケーションでグラフィックの設定を管理できるようになります。以下に、グラフィックカードを初期化する方法をご案内します。


    NVIDIA コントロールパネル

    • デスクトップ上で右クリックして NVIDIA コントロールパネル を選択します。
    • 3D 設定の管理 を選択します。
    • 初期設定に戻す をクリックします。

    Catalyst Control Center

    • デスクトップ上で右クリックして Catalyst Control Center を選択します。
    • 設定 を選択します。
    • 出荷時のデフォルト設定に戻す をクリックします。


    ビデオ設定を調整する

    ビデオ設定を最小にすることで画面上のエフェクトを減らし、強制終了を回避できる場合があります。設定を少しずつ変更し、動作と画質のバランスがよくなるよう調整してみてください。そのためには、まずそれぞれの設定を最小にします。ゲーム内で ESC を押して ビデオ を選択すると、ビデオ設定にアクセスできます。

    • 設定:カスタム
    • 解像度:デスクトップの解像度に合わせる
    • キャラクターの品質:非常に低い
    • フィールド環境の品質:非常に低い
    • 影:なし
    • エフェクトの品質:非常に低い
    • フレームレートの設定:60 FPS
    • 垂直同期:チェックなし
    • アンチエイリアス:チェックなし

    また、インターフェース設定を変更すると、ハードウェアへの負担を軽減できます。ゲーム内で ESC を押して、インターフェース を選択すると、インターフェース設定にアクセスできます。


    インターフェース設定を調整する

    • [HUD アニメーションを有効化] のチェックをはずします。
    • [攻撃時ターゲットフレームを表示] のチェックをはずします。
    • [方向指定スキルをライン状に表示] のチェックをはずします。
    • [射程距離を表示] のチェックをはずします。
    注意:変更した後は、まずカスタム戦(ボット戦、または 1 人戦)で新しい設定をお試しください。


    デバッグバージョンの DirectX とは

    DirectX が使用されるゲームの開発者は、不具合を解決するためにデバッグ バージョンの DirectX を使います。これは通常使われるものではありませんが、まれにプレイヤーがデバッグバージョンに切り替えたまま戻すのを忘れてしまっていることがあります。

    DirectX のデバッグや開発について詳しくは、以下の Microsoft の記事をご参照ください

    http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/hh309467(v=vs.85).aspx


    リーグ・オブ・レジェンドへの影響

    デバッグバージョンの DirectX が原因となるリーグ・オブ・レジェンドの不具合の例:

    • マップ全体が戦場の霧に覆われる
    • アニメーションがなくなる(茂みの動きなど)

    デバッグバージョンの DirectX を無効にする方法

    • Windows キーを押して、「DirectX コントロールパネル」と入力します。
    • DirectX コントロールパネルを開きます(64-Bit の方を選択しないようにご注意ください)。
    • [Direct3D 9] タブをクリックします。
    • [リテールバージョンの Direct3D 9を使用する] が選択されていることを確かめます。
    • [適用] をクリックし、[OK] をクリックしてウィンドウを閉じます。


    問題が解決しない場合

    上記の方法で問題が解決されない場合は、お手数ですがプレイヤーサポートチームまで お問い合わせ ください。なお、問題をすみやかに解決できるよう、できるだけ次の情報をあわせてお知らせください。




  • Mac が必要動作環境を満たしているか確かめる

    こちらで確認できます。お使いの Mac が必要動作環境に満たない場合は、ゲームが適切に作動しない可能性があるため、恐れ入りますがサポートいたしかねます。


    オペレーティングシステム(OS)をアップデートする

    オペレーティングシステム(OS)をアップデートすることにより、重大なバグの修正やグラフィックソフトウェアの機能拡張などが行われ、ゲームが問題なく動作することがあります。


    • 画面上部左の Apple アイコンをクリックし、[App Store...] を選択します。
    • App Store が開き、OS X と App Store で利用可能なソフトウェア・アップデートが表示されます。OS X のアップデートは、通常リストの一番上にあります。
    • [すべてアップデート] をクリックし、利用可能なすべてのソフトウェア・アップデートをインストールします。必要な場合、管理者のアカウント名とパスワード、そしてあなたの Apple ID とパスワードを入力します。
    • 必要な場合、システムを再起動します。


    Mac の管理者権限の設定とファイル、フォルダへのアクセス権について

    Mac 版リーグ・オブ・レジェンドには管理者権限が必要です。管理者権限がないと、インストールやパッチの適用、リーグ・オブ・レジェンドの起動に問題が発生することがあります。また、リーグ・オブ・レジェンドのインストールに必要なファイルやフォルダにアクセスできない場合があります。

    アクセスレベルは次の手順で変更できます。


    ユーザ管理権限を変更する

    • 画面上部左の Apple アイコンをクリックし、[システム環境設定] を開きます。
    • [ユーザーとグループ] をダブルクリックします。
    • アカウント一覧をこの画面の左側で見ることができます。あなたのアカウントに [管理者] と表示されていない場合には、管理者としてのアクセス権を次の手順から有効化させる必要があります。
      • まず、ウインドウの下部左にあるカギアイコンをクリックします。
      • ポップアップが表示されたら、管理者のアカウントでログインします。
      • あなたのユーザアカウント下で、「ユーザにこのコンピュータの管理を許可」にチェックマークを入れます。
      • 再度リーグ・オブ・レジェンドを開始し、問題なくパッチができるか確認します。

    情報画面からフォルダのアクセス権を変更する

    • リーグ・オブ・レジェンドのインストール先を確認します。デフォルトの場所にインストールしている場合、Cmd + Shift + G を同時に押下し、 /Applications/League of Legends.app/Contents/ をペーストします。
    • Cmd + i のキーボードショートカットを使用し、Info ウィンドウを開きます。
    • Info ウインドウから、[共有とアクセス権] のセクションを開きます。
    • あなたのアカウントの隣にある、[アクセス権] の欄が [読み/書き] になっていることを確かめます。もし違う場合は次の手順で変更します。
      • ウインドウ下部右側にあるカギアイコンをクリックし、パスワードを入力します。
      • [アクセス権] の欄に入力されている内容をクリックします。(通常、ご自身のアカウントの横には、[自分] と表示されています)。
      • ドロップダウンドロップダウンから、[読み/書き] を選択します。


    システム管理コントローラ(SMC)をリセットする

    システム管理コントローラ(SMC)は、Macの電源関係を管理するシステムです。SMC は、ファンの制御、ディスプレイやキーボードのバックライト、電源ボタンの反応、グラフィックカードなどに作用します。

    SMC が不具合を起こす原因として、ソフトウェアの"改悪"アップデート、電圧異常、熱暴走などが考えられます。SMC をリセットすると、グラフィックカードの電圧もリセットされます。

    詳しいリセット方法は、Apple 公式の SMC リセットページをご参照ください。

    https://support.apple.com/ja-jp/HT201295
    注意:バッテリー駆動中に残量が少なくなると、FPS の値がかなり下がることがあります。これは、ご使用のラップトップに電源アダプタを差し込むと解決できる場合があります。ディスクリート GPU を使用して、ビデオクオリティの設定を高くしている場合、バッテリーの減りが早くなることがあります。リーグ・オブ・レジェンドをプレイする際には、できるだけ電源に接続しておくことをおすすめします。


    NVRAM をリセットする

    NVRAM とは、電源を落としても記憶内容を保持し続ける記憶装置のことです。Mac は NVRAM にいくつかの設定を保存しています。これらの設定により、リーグ・オブ・レジェンドに不具合が発生することがあるので、リセットすると問題が解決する場合があります。NVRAM は以下の手順でリセットできます。

    • Mac の電源を切ります。
    • キーボード上で次の各キーの場所を確認します(起動の際、これらのキーを同時に押し続ける必要があります)。Command、Option、P、R
    • 電源を入れます。
    • グレーの画面が表示される 前 に、Command、Option、P、R キー を同時に押し、そのまま押し続けてください。
    • コンピューターが再起動し、二度目の起動音が鳴るまでキーを押したままにしてください。
    • キーを放します。

    NVRAM をリセットすると、いくつかの設定がデフォルトに戻っていることがあるので、設定し直さなけばならないことがあります。NVRAM についての詳しい情報は、Apple のサポートをご参照ください。

    https://support.apple.com/ja-jp/HT204063


    壊れたゲームファイルを修復する

    ゲームファイルが壊れていると、ゲームが強制終了することがあります。壊れたファイルは、ゲームランチャー(リーグ・オブ・レジェンドの起動時に表示される画面)の修復機能を使用して修復できます。

    修復機能の使用方法

    • リーグ・オブ・レジェンドを起動します。
    • ランチャー画面の右上にある [?] アイコンをクリックします。
    • 修復 をクリックします。
    • 修復が完了するまで少しお待ちください。修復にかかる時間は、修復が必要なファイルの数によって異なります。5 分で完了する場合もあれば、30 分以上かかる場合もあります。


    ビデオ設定を調整する

    ビデオ設定を最小にすることで画面上のエフェクトを減らし、強制終了を回避できる場合があります。設定を少しずつ変更し、動作と画質のバランスがよくなるよう調整してみてください。そのためには、まずそれぞれの設定を最小にします。ゲーム内で ESC を押して ビデオ を選択すると、ビデオ設定にアクセスできます。

    • 設定:カスタム
    • 解像度:デスクトップの解像度に合わせる
    • キャラクターの品質:非常に低い
    • フィールド環境の品質:非常に低い
    • 影:なし
    • エフェクトの品質:非常に低い
    • フレームレート設定:60 FPS
    • 垂直同期:チェックなし
    • アンチエイリアス:チェックなし

    インターフェース設定を変更すると、ハードウェアへの負担を軽減できます。ゲーム内で ESC  を押して、インターフェース を選択すると、インターフェース設定にアクセスできます。


    インターフェース設定を調整する

    • [HUD アニメーションを有効化] のチェックをはずします。
    • [攻撃時ターゲットフレームを表示] のチェックをはずします。
    • [方向指定スキルをライン状に表示] のチェックをはずします。
    • [射程距離を表示] のチェックをはずします。
    注意:変更した後は、まずカスタム戦(ボット戦、または 1 人戦)で新しい設定をお試しください。


    問題が解決しない場合

    上記の方法で問題が解決されない場合は、お手数ですがプレイヤーサポートチームまで お問い合わせ ください。なお、問題をすみやかに解決できるよう、できるだけ次の情報をあわせてお知らせください。

参考資料
ソフトウェアライセンス規約
プライバシーポリシー
利用規約
Like us
Twitter
Facebook
Youtube
ゲーム
League of Legends
© 2017 Riot Games Inc. All rights reserved. League of Legends and Riot Games Inc. are trademarks or registered trademarks of Riot Games, Inc.